夏 健康

MENU

夏に健康でいるために注意すべきこと!

梅雨が明けるとやってくる暑い夏。食欲不振、下痢などをもたらす夏バテ、冷房病、場合によっては命に関わる熱中症、脱水、といった病気にならないためには、健康管理をしっかりと行うことが重要です。

 

夏バテを予防する上で重要だといわれていることは「睡眠をしっかりとること」と、「身体の疲れをその日のうちに癒すこと」です。夜更かしが良くないのはもちろんのこと、質の良い睡眠を十分な時間とることが大事です。
(※質の高い睡眠をとるのにオススメマットレスは「雲のやすらぎ」です)

 

夏の夜は他の季節に比べ、暑さから睡眠が困難になりがちなので、クーラーを使って室温を28度に保つようにしたり、布団や枕をさわり心地の良いものや吸湿・発散性の高いものに変えたりして寝る環境を工夫することが大切だといわれています。

 

身体の疲れを癒す方法としては、入浴が効果的だといわれています。夏はシャワーだけで済ましたいという方は多いと思いますが、一日の身体の疲れを癒すためには、湯船につかり、新陳代謝を高める必要があります。また入浴剤、アロマキャンドル等を利用するとリラックス効果が高まってより良いといわれています。

 

冷房の効きすぎている空間に長い間いることによってなる冷房病にならないようにするためには、できるだけ温かいものを食べ、冷房の温度は28度に設定するようにし、自分で温度調整が行い難い場所では外気との温度差を少なくする(5度以内にする)ためにカーディガン、腹巻、レッグウォーマー、ひざ掛けなどを利用することが重要だといわれています。

 

熱中症、脱水を予防するために大事だといわれているのは、早めかつこまめな水分補給です。汗を多くかくと水分だけでなく塩分も多く失われるので、水よりもポカリスエット、アクエリアス、GreenDAKARAといったスポーツドリンクが望ましいといわれています。

 

またこうしたこと以外で、夏の健康ということに関して注意すべきなのは、食中毒です。有名なのは0157、サルモネラ菌、ノロウイルスですが、夏はこういった細菌やウイルスの増殖にとって都合の良い時期であり、これらによって健康を害されないためには、消費期限をきちんと守ったり、調理時や食前の手洗いをしっかり行ったり、生焼けのものを食べないようにしたりすることが大事だといわれています。"

関連ページ

たばこのメリット・デメリットって?【〇〇のリスクを高める!】
たばこのメリット・デメリットについてまとめています。
不眠の原因は"〇〇"にあり!?【知っておきたい対策まとめ!】
不眠の原因とその対策についてです。