雲のやすらぎの寿命

イッティーという会社が開発・提供している生地厚17cmの敷布団「雲のやすらぎ」はネットでの評判が良く、寝心地が抜群といわれているものなのですが、難点として、やはり価格がやや高めであるということが挙げられます。

 

「雲のやすらぎ」の価格が高めなのにはもちろんそれなりに理由があり、それはごく単純にいえば、「品質の良い素材を使っているから」、ということになります。そのひとつはアルファマットというもので、縦の耐荷重強度が大きく、耐久性に優れているという特徴をもっていて、中間にあるサイドスプレッドマットを挟むようにして上下2面に使用されています。これは一般的なウールのマットと違って通気性がよく、保温性にも優れた素材です。

 

「雲のやすらぎ」にはこのアルファマットのほか、ロレーヌダウンやマイティトップUといった品質の良い素材が用いられていて、値段が高めなのですが、やはり高い金を払うという場合、気になるのは商品の寿命の長さだと思います。そして「雲のやすらぎ」についてのレビューにはその寿命が短いということを訴えるようなものもあります。

 

「たった四日で真ん中がへこみ、先が思いやられる」、「数年使うつもりで買ったが1ヵ月すぎたあたりで酷くヘタってしまった」というようなレビューです。

 

しかしこうしたものは、数としてはあくまで少数であり、このことだけをもって商品の寿命に問題があるとみなすのはいささかナンセンスというか、やはり見当違いな見方だと思います。むしろ少数であるということからして、商品寿命が短いわけではなく、工場生産であるものにつきものの「はずれ」があるのだろうと考えるのが妥当だと思います。

 

なので「雲のやすらぎ」は基本的に値段相当の寿命は期待できる商品だと考えて問題ないと思いますし、実際長く使えるかどうかは、購入した後のメンテナンス次第でもあるのだろうと思います。

 

 

〜その他メリット・デメリットはこちらから〜
雲のやすらぎ|口コミはデメリット(悪評)が多い?【※要確認】TOPページへ

 

雲のやすらぎの特徴とメリットって?

日経MJ、asahi.comなど多数のメディアで掲載された実績をもつ「雲のやすらぎ」は5層構造をもつ極厚(幅17cm)の敷布団で、不眠、腰痛、肩こりなどの悩みを持つ方におすすめです。素材にこだわって作られているので安くはありませんが、整体院の院長を務めている方からも体圧を均等に分散できる、寝心地の良い布団として太鼓判を押されています。

 

使われている素材のひとつは弾力性に優れ、高い吸湿性をもつロレーヌダウンという羊毛です。最も上質な背中の毛で、最も質の良い時期に集荷されたものが、この「雲のやすらぎ」には使われています。また洗浄方法にもこだわりがあり、ウールマークの基準より厳しい基準にクリアしたより衛生的で動物臭の少ないものだけが使われています。

 

もうひとつは抗菌・防ダニ・防臭効果をもつマイティトップUという中綿です。これは帝人ファイバー株式会社という会社が開発した中綿で、急性経口毒性試験、変異原性試験、皮膚刺激性試験など、様々な安全性を測る試験にクリアし、その安全性が確認されています。

 

この「雲のやすらぎ」は公式サイトか楽天で購入することができますが、レビューを書くなどの条件なしで送料が無料である公式サイトの方が基本的にはおすすめです。また最も安いのはシングルサイズ単体ですが、「六角頭脳枕」とセットのものもそれぞれ単品で買うよりお得なのでおすすめです。そしてこのセットも楽天ではなく、公式サイトであれば、レビューを書くといった条件なしの送料無料で購入できます。