MENU

枕について記事一覧

 

性別にかかわらず、悩んでいる人が多いといわれている肩こり。考えられる原因は同じ姿勢での長時間のデスクワーク、目の酷使、運動不足といった生活習慣によるものや、精神的なストレスや寒さなどによる自律神経の乱れ、肩こりを伴う疾患(更年期障害、変形性頸椎症…)などいろいろあると言われています。そして眠る時に使う枕も、モノによっては、肩こり、あるいは肩こり悪化の原因となりうると言われています。なので、肩こり持...

 
 

現代では男性だけでなく、女性にも多いといわれている首や肩の厄介な凝り。原因は寝ている時に使用している「枕」かもしれません。「枕」は高すぎる場合も、高さの足りない場合も、首や首周りの筋肉にとってよくなく、首や肩の凝りの根本的な原因である筋肉の緊張や血行不良の助長につながるといわれています。女性だと、「枕」選びにおいて健康面ではなく、おしゃれ感や肌ざわりの良さなどを優先する方も多いと思いますが、そうい...

 
 

枕にいろいろな種類のものがあるように、枕カバーにもやはりいろいろな種類のものがあります。綿素材、タオル・パイル素材、ベロア素材、ポリエステル素材などの素材の違いや、花柄、ボーダー、キャラクター(ディズニーなどのイラスト)、水玉といった柄の違い、カラーの違いなど、異なる個性(特徴)をもつものがいろいろあり、自分の望む個性(特徴)を持ったものを選択することが可能です。綿素材は、通気性や吸湿性に優れてい...

 
 

毎日約6〜8時間も頭をのせて使用している枕。見た感じ汚れるわけじゃないし、大丈夫そうと思って、長期間お手入れをしないまま使っている方は多いと思いますが、それはちょっとやめた方が良いです。なぜかというと、枕というのは使っていくうちに見た目ではわかりづらい汚れが蓄積されていくもので、そういう風にしていると、その枕に蓄積されたダニやカビの影響で頭皮ニキビや湿疹、脱毛症など、思わぬ頭皮トラブルを抱えること...

 
 

睡眠の質をできるだけアップしたいならやはり枕だけでなく枕カバーの素材やデザインにもこだわるのがベターですが、素材やデザインがいいものはもちろん、値段がそれなりにする(高い)場合がほとんどです。「finlayson(フィンレイソン)」や「marimekko(マリメッコ)」、「ベルメゾン」、「fog linen work(フォグリネンワーク)」、「無印良品」などで販売している枕カバーはほとんど千円以上...