首周りのトラブルと枕の選び方

現代では男性だけでなく、女性にも多いといわれている首や肩の厄介な凝り。原因は寝ている時に使用している「枕」かもしれません。「枕」は高すぎる場合も、高さの足りない場合も、首や首周りの筋肉にとってよくなく、首や肩の凝りの根本的な原因である筋肉の緊張や血行不良の助長につながるといわれています。

 

女性だと、「枕」選びにおいて健康面ではなく、おしゃれ感や肌ざわりの良さなどを優先する方も多いと思いますが、そういった選び方は、首や肩の凝りを抱えている場合には、やはりあまり適切ではないと思いますし、そういった観点から選んだものを今使用しているという方には、やはり別の、健康上、体型上の観点からして自分の身体に合うようなものに買い替えることをおすすめします。

 

先に述べたように、首や肩の凝りに良くないのは、高すぎたり、高さが足りなかったりする「枕」です。そして望ましい高さはどれくらいかというと、女性の場合3cm弱、標準体型の男性の場合は4cm前後だといわれています(猫背の方の場合はそれらの値+1cmがおすすめ)。また使用しているマットレスの固さを考慮することも重要で、身体が沈み込みやすい柔らかいマットレス(ベッド)を使用している場合は、それらの値-1cmのものを選ぶのがベターだといわれています。

 

また固さ(あるいは柔らかさ)も重要なポイントで、固すぎたり、柔らかすぎたりする「枕」は、避けた方が良いといわれています。一般的に、固めだといわれているのはそばがら、パイプ、高反発ウレタンといった素材を使っている「枕」で、柔らかめだといわれているのは、羽根、綿をメイン素材として使用している「枕」です。この「枕」の固さを判断する上で、最もおすすめなのは実際に試してみることで、具体的には、頭が沈み込まず、左右に自然に寝返りができるものを選ぶようにするのが良いといわれています。

枕選びと「ニトリ」の枕

眠りを快適なものにするのに役立つアイテム「枕」。一日の時間の約3分の1を占める睡眠の質を左右するものだからできれば良いものを使いたいけど、良いものはやはり高い…といった風に、睡眠に「枕」が必要派の場合、「枕」選びにはけっこう苦労しますよね。

 

そんな厄介な「枕」選びにおすすめな場所のひとつは、安いものから高いものまで、いろいろな種類の「枕」を販売している家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリです。

 

ニトリで今最も安い「枕」は、「いぐさまくら低反発チップいり(プレイン6)」というもので、値段はたったの399円(税別)です。主な素材として使われているのは、名前にある書いてある通り、いぐさ(い草)ですが、これの長所(利点)といわれているのは、熱を持ちにくいこと、いぐさ特有のおちついた香りが楽しめること、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、バチルス菌といった細菌に対する抗菌作用があることなどです。こうした長所(利点)から、夏場におすすめといわれることの多い素材でもあります。

 

逆に、ニトリで今最も高いのは「有機・オーガニック 麻まくら 35X55」というもので、値段は14,191円(税別)です。サイズは35×55cmで、色は真っ白で、素材(詰め物)は麻100%です。一口にいえば、眠りの質を最優先したいと考えている、硬め好きの方におすすめの枕です。この枕に関してひとつ注意した方がいいのは、ケース(カバー)付ではないということです。カバーを付けて使用したい場合は別途35×55サイズのものを買い求める必要があります。

関連ページ

【肩こりに悩む人必見!】枕で"おすすめ"な選び方とは?
肩こりと枕についてです。