枕カバーの種類やサイズ

枕にいろいろな種類のものがあるように、枕カバーにもやはりいろいろな種類のものがあります。綿素材、タオル・パイル素材、ベロア素材、ポリエステル素材などの素材の違いや、花柄、ボーダー、キャラクター(ディズニーなどのイラスト)、水玉といった柄の違い、カラーの違いなど、異なる個性(特徴)をもつものがいろいろあり、自分の望む個性(特徴)を持ったものを選択することが可能です。

 

綿素材は、通気性や吸湿性に優れている素材で、肌触りが大変良い素材としても知られています。なので、これを素材としている枕カバーは主に、肌に触れた時の感触の良さを最も重視したいという人におすすめだといえます。

 

タオル・パイル素材は、保湿・保温・吸水性に優れていている素材で、生地の表面に独特の凹凸があり、独特のふんわり感や肌触りを持っています。なので、主にそういうタオル・パイン素材独特の肌触りが好きな方に、タオル・パイル素材の枕カバーはおすすめだといえます。

 

先に述べたように、枕カバーはこのような素材の特徴や柄などの特徴から選ぶことができるのですが、その際忘れないようにした方がいいのは、サイズのことです。枕カバーのサイズが枕のサイズと合っていないと、枕が枕カバーに収まりきらなかったりして外観的な問題が生じるだけでなく、枕の機能が損なわれてしまう可能性もあるといわれています。なので枕カバーを選ぶ時には、好みの素材や柄を見つけただけで早合点しないように気を付けた方が良いです。そのサイズをきちんと確認してから、購入を決めるようにした方が良いです。

 

 

枕カバーは見た目も大事

枕に付ける枕カバーは、枕と同じようにいろいろな素材のものがあり、素材にこだわって選択するのもいいですが、柄やデザインにこだわって選択するのもおすすめです。というのは、枕カバーは、今日では柄やデザインの種類も豊富で、いろいろなものがあるからです。

 

枕カバーの柄やデザインというのは部屋の雰囲気(おしゃれ感)を左右するものなので、その選択によって部屋のおしゃれ度をアップすれば、やはり朝家にいる時や外から戻ってきた時よりハッピーな気持ちになれて、毎日をより楽しく過ごしやすいものにすることが出来ると思います。

 

こうした意味で、おしゃれでおすすめな枕カバーのひとつは、北欧フィンランドのメーカー「finlayson(フィンレイソン)」と東京西川という日本のメーカーがコラボして作ったパンダ柄の枕カバーです。クールさとカワイさを兼ね備えた感じのシックなデザイン(柄)で、色はブルーとネイビーブルーの二色です。

 

もうひとつは、「finlayson(フィンレイソン)」同様、北欧発祥のメーカー「marimekko(マリメッコ)」のウニッコ柄の枕カバーです。部屋のアクセントとなるような斬新なデザイン(柄)で、色はレッドとブラックの二色です。

 

またシンプルなデザイン(柄)が好きで、部屋にあるものもシンプルなデザイン(柄)ものが多いという方には、無印良品の枕カバーがおすすめです。無印良品には、ボーダーやストライプ、チェックといったシンプルで落ち着いたデザイン(柄)の枕カバーがいろいろあります。

関連ページ

【肩こりに悩む人必見!】枕で"おすすめ"な選び方とは?
肩こりと枕についてです。
【必見】女性が枕を選ぶ際に"知っておきたい事"とは!?
首周りのトラブルと枕の選び方についてです。