安いシーツと高いシーツの違いって!?

新しいシーツを購入しようと思っている人は、どれぐらいの予算を考えていますか?安いシーツと高いシーツの違いを知って、心地よい睡眠をとれるシーツを選びましょう。

 

安いシーツの場合、ポリエステルを含んだ素材でできていることがほとんどです。素材にあまりこだわりがない人は、ポリエステルのシーツを選べば、いつでもためらわずに買い替えられて良いでしょう。インテリアに合わせたり、好みが変わるごとに買い替えられるぐらいの価格であれば、さまざまなシーツのデザインを楽しめるでしょう。ただし、ポリエステルを含んだ素材でできているシーツは、毛玉ができやすいというデメリットがあります。気にならない人は問題ないかもしれませんが、寝ているときに毛玉が気になってしまうという人にはあまりおすすめできません。

 

シルクやコットンなどの素材でできているシーツになると、価格が高いものが多いです。特にシルクは、吸水性・発散性・保湿性に優れ、夏の涼しさと冬の温かさを維持してくれます。肌にも優しいと言われている素材なので、敏感肌の人や肌荒れに悩んでいる人におすすめしたい素材です。ポリエステルのようにすぐに毛玉ができてしまうこともなく、価格相応の寝心地のよさが実感できるでしょう。

 

 

 

ダブル用のシーツカバーを購入しよう

ダブルベッド用のシーツカバーを購入するときには、夏の涼しさや冬の温かさなど、機能性と寝心地にこだわって選びたいですね。もちろんシングルのシーツカバーを買うときにもこだわりたいことですが、ダブルベッドでふたりで寝るのであれば、お互いが熟睡できるようなシーツカバーを探しましょう。

 

触り心地が良く、冬でも温かいシーツカバーを選びたいのであれば、マイクロファイバー素材のものをおすすめします。市販やインターネット通販で購入できるマイクロファイバー素材のシーツカバーは、羽毛布団が必要ないと思えるほどに温かいです。ベッドに入ったときのひんやり感がなく、ふたりで寝ても朝まで温かさを感じられるでしょう。また、フリース素材のシーツカバーも十分な温かさを感じられるのでおすすめです。

 

できるだけ低価格のシーツカバーが欲しいと思っている人は、ポリエステルを含んだ素材でできているシーツカバーを見てみると良いかもしれません。ダブル用のサイズでも低価格なので、インテリアや好みに合わせて気軽に買い替えることもできます。毛玉ができやすいので寝心地にこだわることは難しいかもしれませんが、さまざまなデザインのシーツカバーを楽しめるでしょう。

関連ページ

洗濯によるシーツの”シワ”を防ぐ方法とは?【気をつけたい事】
シーツにシワを作らない洗濯の仕方を知りましょう。